DronのHONDA STEEDホンダスティード

Dron's STEEDの購入から改造まで

愛車HONDA STEEDホンダスティード600で富士・伊豆・沼津一泊ツーリング.
-----同じメンバーで二度目のツーリングでした.

 
スクーターとアメリカンの5台で一泊ツーリング vol.2
やっと、やっと晴れてくれました!!

前回のツーリングから5ヶ月も経ってしまいました.10月中には走りたかったのですが、雨、雨、雨で天を恨んでいましたが、20〜21日はどうにか大丈夫なようです.

初めてのお泊りツーリングの始まりです.

手作りの電源供給用「ブースター」
市販のブースターはSTEEDには積み込めません.そのため、秋葉原でクリップと太目のスピーカーコードで手作りしました.当然、ハンダで固定しています.
材料費、500円程度です♪

こんなに綺麗に見れる富士も珍しい
今回のツーリングでのベスト風景
13:30が集合時間なので、給油も兼ね、早めの13:10に自宅を出発.
先々週のチェック時にバッテリーが上がって、エンジンがかからなかったので手作りのブースターと、雨用のブーツカバーで装備は万全です.
塗りなおしたタンクに変更したかったのですが、何故かやる気がでず、ツヤのない、キズだらけのタンクでGo!

GSで給油します.5.4L入りました.
日ごろは17km/L程度ですから、今回の高速ツーリングで何キロ走るか楽しみです.

定刻を少し過ぎた頃全員が集合です.簡単な打ち合わせ後に出発です.
出発時間13:45.
戸田から首都高に乗り、東名に乗り継ぎ、海老名辺りで休憩し、沼津へ向かう予定です.

定位置の最後尾に付けて出発です.
午後のスタートなので渋滞を心配していましたが、順調に流れています.これなら、予定通りに運びそうです.
「戸田」で高速にはいります.板橋の料金所で700円を支払います.この料金所での支払いがバイカーの悩みのひとつですね.グローブを脱がないと支払いができないので、「グローブを外して、支払って、受け取って、フローブを装着して出発」と四輪の何倍もの時間を要します.気が小さい私など後ろの四輪に申し訳なくって、ついつい慌ててしまいます.

環状への入り口で案の定渋滞が始まりましたが、すり抜けで難なくクリアです.しかし、途中、途中で一斜線のみ道路整備されている箇所が何箇所もあって、すり抜けにも気が抜けません.

東名の入り口で右手のグローブを付けずに皆が待っている場所まで行くと、ナント私が着いたトタンに出発するではありませんか?!
こちらはグローブをタンクバックに挟んで追いかけます.このままだと、いつ風でグローブが飛ばされるか分かりません.片手運転をしながらのグローブ装着はちょっとキツイ.吹かしてははめ、吹かしてははめを繰り返しどうにか装着を終了したときには料金所から数キロ走った後でした.
これは危険な作業なので今後はこんなことがないよう、支払った後はちゃんとグローブを装着して発車するよう心がけよう.何分、しんがりののだから.
駒門の湧水
「足利」と同じ湧水がいただける駒門S.A.水漏れの確認作業中、トイレへ入ろうとすると、「湧水」が待っていました.

前回のツーリングではなかなか計測できなかったのに今回はラッキーでした.
早速、持参のORPで計測してみます.282mvでした.若干がっかりしましたが、130m程度ですからこの位でしょう.
地下130mから汲み上げられる富士の地下水
予定通り、「海老名S.A」で休憩です.2:50到着.走行距離75.9km.
駐輪所に止めてみると一台の車体から何かが流れ出しています??

トラブル発生です.
こんな時、現在の車体の知識がない私としては成すすべがありません.皆の話を聞いていると、水温計がレッドゾーンに近づいたらしい.そして、駐輪してみると、車体の下からクーラント液と思える緑色の液体が流れでてきました.200cc程度も流れ出たでしょうか?
オイル漏れも発生したようです.オイルは数十ccと少な目でしたので、車体を少し冷やした後、減った分のクーラント分を水道水で補って、再出発します.

エンジンがかかり全員、ホッ!!
当分、燃料計とのにらめっこしながら走行してもらうしかありません.
中井、鮎川、足利と無事に過ぎ、4:10、「駒門P.A」に入りました.ここで車体の再確認をします.

ドライバーによると、水温が高めだが、走行に支障はないようです.
その間、他の者は、タバコを吹かしたり、トイレに行ったり、ORPを計測したり・・・.
「沼津」東名高速を下り、市内へ向かいます.
どこへ向かっていいるのかと思っていたら、ホテル探しのようです.どうやら、宿がまだ決まっていないようでした.ツーリングは天候で中止になる場合があるので、ホテルの予約も難しいものがあります.

出張でよく利用する「東横イン」グループのホテルは沼津にはないらしく、自宅に電話して、ネットで検索してもらったりと大忙しです.行楽シーズンの土曜日です.大丈夫でしょうか・・・.ネットで調べてもらったホテルに伺ってみると二名分しか空きがないようです.S氏たちが依然泊まったことがある南口のホテルに確認に行くことにしました.「セントホテル 沼津」(0800-200-3520 055-962-3500) 見事空きがありました.宿泊料金は5,800円そこそこです.

18:30にロビーで待ち合わせることにして、各自部屋へ.
私は入浴後自販機でビールを買って一本頂き、時間が来るのを待ちます.

千本一の写真定刻に全員集合し、タクシーで沼津港のオススメの料理屋へ行くことにしました.二人の運転手に聞くと、一人は「千本一」、もう一人は「丸天」.この二店は向かい合って営業しています.人が溢れている丸天」(055-951-3846)を覗くと、居酒屋風で安くて旨そうなお店でしたが、しばらく待たなければ入店できそうにありません.
仕方なしに「千本一」のエレベーターに乗ってみると十分に空きがあります.アルコールに飢えた私たちに選択の余地はありません.すぐ飲める「千本一」に決定です.
会費5,000円で楽しく夜は更けていきました.

沼津市大手町4-5-2のORP

帰宅後、ネットで調べて見ると(いわし料理)「磯はるが超オススメだったらしいが、有名になりすぎて、味が落ちたと地元の人たちが言ってるようです.値段も上がったようです.

*.ホテルの水道水のORPは443mvでした.
>>>>>> NEXT   <<<<<< サイトマップ



Copyright (c) 2004 Navi21, Inc. All rights reserved.