「BIKERS倶楽部」バイカー、ライダー大集合! バイク好き、単車好き、二輪好きのためのサイトです
オートバイ 免許取得 合宿
オートバイ 免許取得 合宿
オートバイ 免許取得 合宿 教習所
オートバイ 免許取得 合宿 教習所


2004年現在、オートバイ(バイク)の免許を取るのは随分と難しくなってしまいました.
わたしがオートバイの免許を取ったのは16歳(1970)の時でした.
今の人たちからは恨まれるかもしれないが、「小型、中型、大型」なんて区分けは一切なく、自動二輪の免許を取ればどんなバイクも乗れたのです.

わたしが自動二輪の免許を取った時代はナナハンも無かったように思う.
何分33年も前になるので記憶も確かではない.免許も学校に通ったのか、フリーでとりに行ったのかも覚えていない.情けない (^_-)-☆

KAWASAKIのW1(ダブリュワン)が出たのも免許を取った頃だったように記憶している.ネットで調べてみました.なんとわたしが12歳のとき(1966)に販売を開始しているではないか(-_-;)
ちなみに「ナナハン」を調べてみる.1969年に発売されている.わたしが免許を取る一年前に販売されていた.なんと記憶力の悪いことか.情けない.

実地試験も250ccクラスのオートバイだったように記憶する.しかも、ヘルメットも不要だった.これも調べてみました.ヘルメットが義務化されたのは1974年.それまでヘルメットなんて不要だったんです.
オートバイの台数が大幅に増え、死亡・重症事故が多発したせいでしょうか.
その余波(?)でわたしはオートバイに乗るのを止めてしまった.身体中で風を切って走る爽快感から、頭を締め付けられている拘束感への大きなギャップ.我慢できませんでした.ヘルメットの性能も余り良くなかったのでしょうね.(因みに私は身長が低く、手足も小さく、どこもここもSサイズなんですが、頭だけは大きいのです.今回もそれで頭のサイズに合うヘルメットを探すのが大変でした.LLだったんです.)
それ以来33年間、一度もオートバイ(単車)に跨ることもなく49歳を迎えてしまいました.

最初に乗ったのは父の「カブ号」.正式名は「スーパーカブC50M」.
下り坂で60 Km/h出るのがやっとだったと思う.高校受験勉強中の夜中にオヤジの目を盗んで近所を乗り回していたような思い出がある.

免許取得後、冬の寒空の深夜「力丸スケート場」(潰れてしまった)へ.20Kmはあったと思う距離を飛ばしてアイススケートに行っていた.若かった.寒さを防ぐため手袋の中や、ズボンの中に新聞紙やビニール袋をまいて防寒していた.これが以外と威力あったのでした.
現在はカブ号や自転車にに良く付けているビニール製のハンドルカバーを購入しようかと真剣に悩んでいるのです♪

免許取得するなら自動車学校・公認教習所で基本をキッチリ学んで取られるのをお薦めします.交通事情が我々の時代とは違いすぎます.小型から中型へ、中型から大型への変更は、自信があれば直接受験をお薦めします.それで浮いた経費を身体を守るヘルメットやスーツ・ブーツ等に回しましょう.


中古バイクのガレージ・メカニカのバナー 浄水器専門店『UP』が推薦するシーガルフォーの携帯用浄水器