DronのHONDA STEEDホンダスティードの購入から改造まで







Dron's STEEDの購入から改造まで

バイクでライディングしている友人・仲間を撮影するために専用ステーを組み立てました.
-----バイク用車載カメラステーの制作を試みています

 
マウスを合わせると・・・
バイクのハンドル部に取り付けるカメラステーはステー取り付け位置の関係でどうしても後方撮影が難しくなります.後方を走行中の撮影する場合液晶を覗くことができない訳ですから、いっその事、車両後部に取り付けることにしました.

我がSTEEDくんの場合どこに付けるのが良いのか検討した結果、シーシーバーに取り付けることとしました.

風圧のことを考え、シーシーバーの背面、左の写真のツールバッグの上辺りに取り付けられれば最高なのですが、(私の知能の限界で)どんな風にステーを組み合わせれば良いか分からず、結局写真のようにシーシーバーのアーム部分に取り付けることにしました.


06.07
現在、やはり、STEEDのシーシーバーの背面に取り付けた方が良いのではないかと思案中です.
a
クリックすると拡大

a

さあ、ドイトへ行って、ステー探しをしましょう.
小一時間程かかったでしょうか.左のようなステー類を購入しました.
  • 箱型ステー(クロームメッキ)\168
  • 棚用L型ステー(ステンレス)\499
  • 平板ステー角なし(ステンレス)\147
  • ステンレスのボルト、ナット各種 \500位
  • ランプステー(オートバックス)\420
上記のステーを組み立てた後、カメラステー(マイネッテ写真用品「EX-プレート」)を取り付けると左の写真のようになります.

このEX-プレートとランプステーとを締め付けるのに若干苦労しました.他の部分もそうなのですが、強度を増すために全般的にステンレスを使用しているため簡単に穴あけもできまません.各パーツを合わせると穴の大きさと間隔に違いがあるのです.そのため、緩まないように、しかも、この上にデジカメを設置しますので、ネジの頭が出っ張らないようにとの注意が必要です.
a

a
クリックするとエーモンのサイトへ


エーモンランプステーをイエローハットで見つけ、オートバックスで購入しました.420円でした.正直、安いです.
このパーツのお陰で、カメラの角度を任意に調整できるようになりました.但し、手では調節できず、ドライバーかスパナが必要となります.

エーモンには以下のような「RVランプステー」も販売されています.
ハンドルや車体パイプに取り付ける際には利用できるようです.私はドイトで購入した同じような物を利用し、スクリーンに取り付けたカメラステーのブレ防止に利用しようと考えています.

a a
a
クリックすると拡大
又、このステーに振動・異音緩和のためのゴムが付けられていましたので、他の部分にもゴムをかませることにしました.走行中の撮影には充分な揺れ防止が必要でしょう.

取りあえず仮設置できるまで終了しました.
しかし、7時から雨になってしまいました.この後の作業は来週まで持ち越しです.

来週は、レリーズを購入し、試験撮影を試みましょう♪
2004.06.06
エツミのリモートプロレリーズセット

ETSUMI E-6103
ETSUMI のE-6103、リモートプロレリーズセット(株式会社 エツミ)を購入しました.ビッグカメラ有楽町店、定価2,500円、 \1,837でした.

(株)ユーエヌさんにも同じような商品があることを株式会社 エツミの黒野さんがメールで親切に教えてくれました.他社の商品の情報までいただくと「株式会社 エツミ」の商品を買いたくなる私です.

さて、開封して内容を確認します.
延長ホースをリールに巻いたままでもシャッターを押せそうです.しかし、ラバー球を何度か握っているうちに戻りが悪くなります.ラバー球に空気が戻らずシャッターが押せないようになります.やはり、適度な長さにカットして使うほうがいいようです.

又、握り部分(ラバー球)がハンドルグリップ程度ありますのでどうしても片手運転になります.コーナー等での撮影が可能かどうかの問題も残ります.ハンドルに取り付けるスイッチのようなものでシャッターになるものはないのでしょうか?

左が商品一式です. 一番左からビニールケース、延長ホース、ラバー球、ジョイントレリーズ、シリンダー部となります.

>>>>> 取り付け・試し撮り <<<<<

まずは適度な長さに切り取ります.私の場合は1.5m程度にしました.
続いて、先日購入した「コンパクト用シャッターボタン E-398」をデジカメに取り付け、今回購入したリモートプロレリーズをネジ込みます.さあ、シャッターが下りるか??????

シャッターが下りません.w(☆o◎)wガーン.
リモートレリーズのみならラバー球を握ると、レリーズの針が飛び出します.しかし、取り付けるとシャッターが下りません.この方式ではダメなおでしょうか???
延長せずに取り付けてもだめだろうかと思い、再挑戦.今回はうまく、シャッターが切れました.(^。^;)ホッ!

という事は、延長ホースに問題があるようです.先ほど切り取ったホースはネジに差し込んだだけでしたので、今度は接着剤でキチンと止めて再挑戦です.走行中の撮影ができるのはいつのことでしょう?
ここで残念ながら出勤の時間が近づきました.
本日の作業はここで終了です(2004.06.09.06:04)

再度挑戦しましたが、私のデジカメIXYとリモートレリーズの組み合わせでは難しいようです.ピント調整(半押し状態)までは行くのですが、だんだんエアーが抜けてきて、シャッターを切るまでいきません.たまにシャッターが切れることもあるのですが、ラバー球がしぼんだままの状態で元に戻らないのです.これだと、一枚きりしか撮れません.『デジカメ(IXY300a)+コンパクト用シャッターボタン E-398+リモートレリーズ』という組み合わせではライディング中の撮影は難しいようです.普通のレリーズ(中にワイヤーの入っているもの)で長さが足りるものがあれば良いのですが・・・.又、捜索開始です.(2004.06.10.05:20)

ホースマン(駒村商会)ロングレリーズ1m ¥5,000
日栄インテックの配管支持金具の吊配管金具もバイクには転用できそうです.
>>>>>> Back   <<<<<< Index




Copyright (c) 2004 Navi21, Inc. All rights reserved.