DronのHONDA STEEDホンダスティードの購入から改造まで







Dron's STEEDの購入から改造まで

ヤフオクで購入したSTEED用車外ドラッグマフラーに交換しました

 

----- STEED用社外マフラーサイト ------ はコチラ

国産アメリカン乗りの多くはマフラー交換を検討したり、実行したりの経験があることでしょう.

私のように「イージー・ライダー(1969)」を見て育った者(15歳時)にとっては、“ドッ、ドッ、ドッ、・・・”と腹に響くエキゾーストノイズが“諦めの中の強烈な羨望”として存在します.

STEED600を購入時からすぐにでもマフラーを交換したかったのですが、以下のようないくつかの問題で諦めていました.
  1. 家族に内緒でバイクを購入したためハデな改造は極力控えていた.
  2. 子供(19)から“爆音”は近所迷惑だと諌められた(:_;)
  3. 長期間、乗り続けられるか自信がなかった.
  4. どんなマフラーを選択すれば良いか不明だった.
  5. 私にとって高額なため、資金不足であった.
などの理由からですが、特に価格面でキツイ状態でした.安くても3万円程度、高額なものになれば10万円程度.これでは中々手が出ません.
それでも、ネットで排気音サイト『アメリカンバイクマフラーの音 JAM'S SOUND』(スティード(STEED)のエギゾーストはこのページに紹介されています.)などを覗いていると、ヤッパ欲しくなってしまいます.

しかも、先日(5/4〜5/5)友人とツーリングへ行った際、車外マフラーの小気味良いエキゾーストノイズを聞かされました.先方は250ccのYAMAHAのスクーターだというのに、彼の排気音ばかり聞かされてゲンナリさせられてしまいました.

せっかく、『アメリカンに乗っているのだから一度は存在感のある排気音を響かせて走ってみたい』感に駆られ、ネットで車外マフラーの調査開始です.

しかし、STTED用のマフラーはたくさん商品化されているものの400限定のものばかり.400ccと600ccでは物理的にどのように違うのかが不明です.デイトナの公式サイトへ問い合わせて見ましたら以下のような返答を頂戴しました.

『STEED600に適合するマフラーは取り扱っておりません。400用マフラーの取付はできるかと思いますが、著しい性能の低下、騒音の問題がありますのでお勧めはできません。よろしくお願いいたします。』株式会社デイトナ アメリカングループ(MAIL)

Q.性能の低下とは?
A.「性能の低下」とは容量不足などの原因にによる出力やトルクの低下のことです.(5.17)
私のようなメカ音痴は
  1. 直管は無条件でエンジン性能をアップさせる.
  2. サイレンサーやバッフルを外せば無条件で性能がアップする.
  3. マフラーは騒音規制・排ガス規制のためのみに存在している.
と思っていたのですが・・・、どうも違うようなのです.

悩んでいる最中、安価で出品されていたerconbbさん
ノーブランド、バッフルなしのロングドラッグマフラー、ステンレス、中古品を冷やかし気分で入札しました所、ナント、ナント、6,000円で落札できてしまいました.
しかも、「キジマの後輪用スプロケットカバー(新品) 定価 8,000円」がオマケで付いています.
形状は『デイトナ アメリカンマフラー ロングドラッグ(ステンレス)商品番号 : 39757』とほぼ同じです.

正直、嬉しいような、困ったような ・・・・・.

しかし、しかしです.買った以上装着して走行しない訳には参りません.若干の違反にはしばらく目を瞑っていただきましょう.

以下のマフラー関連情報はkamoairさんのサイトよりお借りしました.
用   語 意   味
アフターバーン
=アフターバーニング
=アフターファイヤー
後燃え。例えば、エンジン不調のため、マフラーで燃焼すること。
プリマフラー 単純拡張型・内部エレメント式拡張型・共鳴型・共鳴拡張型といった基本的な構造のマフラーで主に高周波の排気音を低減する。  低い音だけが協調されて太く大きな音に聞こえる。
メインマフラー 単純拡張型・内部エレメント式拡張型・共鳴型などの組合せで作られた複雑なもので少なくても3室、普通は4室に分かれている。主に低周波の排気騒音を低減でアイドリングや低速時に消音効果がある。
メインマフラーとプリマフラーでは消音する周波数が異なり、どちらかだけでは全域の消音は出来ない。
【マフラーの種類】
単純拡張型 ただ、拡張室を通過するだけの物。 排気抵抗が少ないプリマフラー
内部エレメント式拡張型 拡張室内のエレメントが設けられ、いくつかの部屋に分けるプリマフラー
共鳴型 例えば真直ぐに伸びたエキパイの横に穴を開け拡張室を取り付けるそんなもの。
共鳴拡張型  小さな穴いっぱいあいたパイプ(または触媒コンバーター)の外側に空間を持たせてケースで覆った物。 スーパートラップのオープンエンド(ディスクなし)の状態がそれにあたる(ヨシムラDSC・WR’Sのバッフルなしも同様)
組合せ 初期のヨシムラサイクロンは単純拡張と内部エレメントの組合せでいわゆるメインマフラーと呼べる物。 
>>>>>> Next   <<<<<< Index




Copyright (c) 2003 Navi21, Inc. All rights reserved.