DronのHONDA STEEDホンダスティードの購入から改造まで







Dron's STEEDの購入から改造まで

aaya8130さんいろんなものをメッキに!--- 樹脂メッキ・クロームメッキ

 
より、アメリカンに! より、クールに!
市販のメッキカバー

半井メッキさんで処理されたバイク部品 *.他の企業さん
  1. メッキ工房NAKARAI(品川) 
  2. Off Time(所沢市)
  3. 必殺! メッキ職人(福井)
  4. メッキ工房(豊川)
  5. アイ・ワークス(横浜)
  6. アイアン・カウボーイ(浜松)
  7. メッキのQ&A
アメリカンに乗っている人たちだけでなく、バイク乗りの多くはこのようなメッキカバーに交換したいのではないでしょうか?
あるいは再メッキしたいパーツがあるんじゃないでしょうか?

最近の売れている「ドラッグスター」や「シャドー」はスティードに比べるとメッキ部分が多くなっています.

それでも、個別に『この部分がメッキだったらな〜』と感じたことの一度や二度はおありでしょう.私自身、電話で数件のメッキ屋さんに問い合わせてみましたが、単品で樹脂メッキしてくれる所を見つけられませんでした.
そんな時いつものようにヤフオクを覗いていると、aaya8130さんの出品を発見しました.早速、メールで問い合わせです.
その結果、フロントネックカバーで@6,000円x2、サイドカバーで@6,500円x2とのご返答を頂戴しました.

スティードの場合、良く市販されているのが金属板にクロームメッキを施したもので20,000円強で販売されています.EASYRIDERSのAMERICAN CXUSTOM PARTS 2004 CATALOGにはDRAGSTAR400,SHADOW400,VULCAN400の3機種用がそれぞれ28,000円と記載されています.

aaya8130さんに注文すると、左右二個で13,000円程度ですから、随分お安くなっています.私の乗るスティードの用にすでに廃版になっているような場合、特に便利なようです.

メッキカバーを探している人はぜひ問い合わせをしてみては?
(2004.05.27)
半井メッキの半井社長の後姿
パソコンを操作する半井社長

バフ後のアルミホイール
バフ掛けされ、ピカピカのアルミホィール

きれいにクロームメッキされたエンジンカバー
きれいにクロームメッキされたエンジンカバー部
↑   ↑
クリックすると、拡大します.
西五反田にある(有)半井鍍金工業所の半井 雅輝社長にメッキ加工についてお話を伺ってきました.

当方メッキ(化け学)にはうとく、初歩的なことから教わりました.それでも一番知りたいのは「メッキ処理はどうしてそんなに高いんだろうか?

皆さんもいろんな部品を再メッキ(レストア)したい、アルミ部品にクロームメッキを施したいと思ってはいても、見積もり金額が適正か否かがよく分からないで悩んでいませんか?

半井社長談 「バイク部品のクロームメッキや再メッキは随分と手間隙がかかるものなのです.例えば、アルミホィールの例でお話しますと、全くの新品のホイールでもバフがけで腐食防止のために表面処理された層をはがさなくてはなりません.この場合、備え付けのグラインダーで作業できる箇所を処理し、処理できない箇所をディスクグラインダー(手持ち)で処理してやらねばなりません.この作業だけでも専門の熟練した工員が数時間掛けて手作業で行うのです.このことからだけでも価格が高くなることをご理解いただきたいと思います.

中古部品になるとこの作業に尚一層の時間が掛かることとなります.再メッキの場合は尚更です.特にクロームメッキをきれいに剥すには相当の時間を要します.全て職人による手作業となってしまいます.処理時間+技術料+手間賃+薬品代+メッキ素材代+電気代+研磨剤等を合計しての金額になります.お客様が思っているより高額になるのをご理解いただきたいと思います.」と語ってらっしゃいました.

下処理が充分に施されていないままメッキ処理すると誰一人満足してくれないそうです.フロームメッキなどの深みのある安定した輝きを手に入れるためには少々価格が高くなっても仕方がないようですね.私も小遣いを貯めて、半井さんにお願いできるようになりたいものです.

(2004.06.02)
>>>>>> Back   <<<<<< Index




Copyright (c) 2003 Navi21, Inc. All rights reserved.