DronのHONDA STEEDホンダスティードのタンク塗装とパテ埋めに挑戦







Dron's STEEDの購入から改造まで

HONDA STEEDホンダスティードの中古タンクを購入.
-----パテ埋めとタンク塗装に挑戦です.

 
ヤフオクで落札した凹んだタンク
06.10.
気楽に入札していたらナント落札してしまいました.
黒一色のスティード用タンクで幅広の11Lタイプで、一箇所大きなクボミがあります.スタート金額が1,000円で落札金額が1,700円でした.出品者はchamp_cxさん.

出品者は東京都練馬区となっているので「取りに行けますか?」と質問すると「営業時間中ならOK」とのお返事をいただき、気楽に入札しました.左の写真のようにへこみが大きくこのままでは使う気になりません.落札したら、工夫して凹みを減らし、後はパテで埋めようと思っていましたが・・・・.

翌朝メールをチェックすると落札できていました.
しかも、たった1,700円で!
やはり、凹みが値が上がらない原因だったのでしょうね.

土曜日の早朝、私宅から約20kmのお店(?)へ向かいます.メールの住所についてみるとヤマハのバイク屋さんでした.新車・中古車・修理と何でも来いの(有)マカベモータース(〒178-0063 東京都練馬区東大泉2‐9‐20 TEL:03-3925-5181) さん.まだ9時前なのでお店が閉まっています.近くのセブンイレブンでおむすびとおでんで朝食を済ませ、再度訪問すると開店の準備中でした.オヤジさんと若社長がバイクを並べてらっしゃいます.開店まで待てなくて、ヤフオクで落札したタンクを受け取りに来ました.と申し出ると若社長が対応してくれました.

へこみ程度が気になっていたのですが、何とかパテだけで補修できそうな凹みです.ラッキー♪
お約束の1,700円を支払い、さっさと帰宅です.
この際、空き箱を貰わずに来たのは失敗です.タンクを再出品するときに必要になることをすっかり忘れてしまっておりました.

ホルツ

ホルツ
帰宅途中いつものドイトに寄って、補修用品を購入します.
今回購入したのはホルツのパテ、ホルツのサンディング・ブロック(コルク製)、ホルツのヘラセット、マスキングテープ、アクリル塗料-黒、サンドペーパー(300〜2000を5枚).合計2,946円.タンクより高くついちゃいました (T^T)くぅー

パテ埋め作業は今回初挑戦となります.
如何なりますやら〜〜〜

まず、説明書に目を通します.適当です.
今回購入したホルツのパテは2種混合タイプのようです.このタイプは一見面倒なようですが、長期保存する際や、気候に応じて効果速度を調節するのに便利です.
黒いパテを10cm出して、硬化剤を5cmを良く混ぜ、塗ってくださいとあります.硬化時間は15〜20分間とのこと.

商品が包装されていたプラスチックにパテを押し出します.なかなか出ません.粘度がある分若干力が要ります.出始めると楽です.凹みが大きいため、私は20cm程度出しました.
続いて、硬化剤です.こちらは小さなチューブに入っています.これで足りるのでしょうか?
キャップを外し押し出します.(+_+)ビックリです.一度にたくさん出てしまいました.この硬化剤は軽く握らないと出すぎてしまいます.これでは硬化が早すぎて、調整が難しいかもしれません.ともあれ、簡単に混ぜて、一度乗っけて見ましょう.
何分7〜8mmは凹んで塗りがいがあります.
一回目

二回目
二回目を塗った状態
やはり、一度では無理なようです.
ご覧ください、このクレーターのような表面を.~(^◇^)/ぎゃはは

このパテは配合のためか、天候の所為か思っているより硬化が早く、あれこれ修正していると余計にいびつになってしまいます.





乾いた所で、再度塗ります.
一回目

二回目
塗っては削り、塗っては削りを繰り返しています.
アールが付いているヘラを使っても思うように表面をきれいにできません.

ヘラに付いている固まったパテが混ざるとこれが又、厄介です.表面を削るようにラインが入ってしまいます.
又、やり直しです.



まだ、ラインが消えません.
一回目

二回目
ずいぶん綺麗になってきました.
塗るパテの量が減ってきて、表面が綺麗になって作業がやり易くなってきました.
しかし、やはり、表面にキズが入らないようにするのは案外難しい.





焦って、乾ききっていないのにヤスリを掛けてしまい、又、やり直しです.
乾ききっていないと、紙を擦った時に出るようなクズが出てきます.
一回目

二回目
5度目の作業でやっと満足いく状態になりました.

サンドペーパーを濡らし、番手の小さいのから順に2000番まで使用しながら、表面を整えていきます.ここを適当にやると塗装面が綺麗に仕上がりません.指の腹で表面の凸凹を感じながらのヤスリがけです.




如何でしょう.
正面から見ると全く分かりません.
初めての作業にしては上出来でしょう?!
一回目

二回目
トップの方から見た写真です.

塗装のために、全体に2000番のサンドペーパーをかけています.
本当は下地が見える程度にミガクのが良いのですが・・・






塗装のために、サイドと裏をマキシングして後は、塗るだけですが、本日は時間のためここまでです.
今日はこれから、東京ドームへ広島戦を観戦に行きます♪
2004.06.12.14:50
>>>>>> Next   <<<<<< Index




Copyright (c) 2004 Navi21, Inc. All rights reserved.